2015年5月19日火曜日

ハイパーコンデンサー

ハーレーでは評判が良いハイパーコンデンサー
ポイント車なら国産にも使用可能という事で購入しました。

CB350の純正タイプのコンデンサはこんな感じ。

コンデンサの穴部にボルトを通してフレームに固定する事で、ボディアース。
オスの端子2本はそれぞれ、左右のIGコイルとポイントを繋ぐ配線の途中に接続。
※この認識は誤りでした。



さて、ハイパーコンデンサー。
ハーレー仕様のままでは装着できませんので、配線加工してオス端子2本に分岐させます。
※この配線は誤りでした。

そして、車体に接続したら

結果はダメです・・・!!!ガーン

10回位キックして1回位しかエンジン始動しません。
しかもアイドリングするだけで、全く吹け上がりません。

ただ、ケッチンは物凄くなりました。

容量がダメなのか、抵抗がダメなのか???

私のような素人には分かりませんが、
とにかくCB350にハイパーコンデンサーは使えません!

同じ点火方式のCB450も使えないと思います。

失敗談でした。

2 件のコメント:

  1. うちのCBも高回転で失火し、点火系が怪しいと「CB350 コンデンサ」で検索したら此処に・・・
    CBはコンデンサ二個必要ですよ!!
    写真の接続だと左右のポイントがショートされて変な時期に点火する事に成ります。

    返信削除
    返信
    1. この記事には後日談があります(笑)
      https://chelodinerd.blogspot.jp/2015/06/blog-post.html
      ご指摘の通りコンデンサは2個必要だという間違いに気付いて、もう一個ハイパーコンデンサーを買いました!
      でも、結果はダメ…

      削除